夏空浪漫譚

虹色に光る夏雲の場所を探り当てて
石熱気球に乗って出発する
太陽が容赦なく照りつけるならと
海槌式ソーラーパーネルでラジオを聴く
優雅で勇敢な空旅

雲凝固スプレーを雲靴の底から吹きつけ
夏の彩雲に足を踏み入れたのがあの日
重なるように二人の心臓はドラムを打った
ドラムロールのピーク
気体専用ピッケルで砕き
凝固剤のたっぷりと入った鍋に投げ入れる
そうすること簡単に
地上最高の宝石、夏石が出来上がる

夏石に眼空かして
見つめた世界はすべてが夏色になるという

地上に戻って高値で売って
ぼくらまたここにきて
こんどはもっとでっかい鍋をもってきて

虹色に光る夏雲の場所を探り当てて
石熱気球に乗って出発する
太陽が容赦なく照りつけるならと
海槌式ソーラーパネルでラジオを聴く
優雅で勇敢な空旅へ
ぼくらはいつまでもいつまでも飛び出すのさ!

空

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>