銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

まどろむ

ぼくはいまとある日帰り温泉
日々の垢を落としきるためやって来た
久しぶりに蝉が鳴いている
いや、たぶんぼくが久しぶりにセミの声に
聞き耳をたてている
ねとりとしたお湯をかぶり
おばぁおじぃの会話が全部聞き取れるくらい
そんな静かな大広間
横になってる

足元涼しい風がくすぐって
もうそろそろぼーんと懐かしい時計が再び
ああなんて時間がゆっくりなんだ
時間までとろみがついている
涼しい風
湯上がりに心地いい

この夏もありだな
そんなこと思って厚い本の続き
休日

 | HOME |  »

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ rank

[現在地点]
小説・文学
778位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

39位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前