余韻の夜はらり

なにがあるかわからない この世界で
ぼくはただ数日後の飲み会に
こころ躍らせていたり 夏だなぁと
ビールの喉越しに感動してみたり
ぼくは ぼくらとは

世界中で花火が上がれば
それはそれでそこから考えればいいんじゃないかな
ぼくは今素直にそう思えるけれど

なにがあるかわからないこそ
いまをたのしむことと
みらいのめいかくかと
よくばることはよくばりではないきがして
というかよくばりは肯定語でいいんじゃないかと

花火が上がる
また去年見たここで 去年みたいに
みられたらいい花火がひとつと

今年は今年で 驚いてみたい
花火もひとつ

こんな不確定な世界にいるからこその
生き方で 夏も 楽しもう
そう思ったのでありました。

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>