春風

ちいさな世界と思っていたそれが
大きくなったのはいつかな
ぼくらただ一本道をたどってきた
そんな気もするけれど
けれど

どこかでおっきな 春風に吹かれてる
息もつけないくらい
けれど確かに心地の良い

ちいさな世界と思っていたそれが
大きくなったのはそれは
それは

空を 見上げたとき。



だんだん忘れる世界の要は
ふと思い出したとき懐かしい(だっていつかはずっとそこに居たのだから)


くものかたちなんてどうにでもなった
はじめは形に連想していたけれども
連想が追い越したとき雲のほうが形を変えた
それは本当なんだ

雲を追い越せ
風を追い越せ
そして一番心地よくなれ!

はるかぜ

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>