風はもう秋風

急に秋風が吹いて
疼いた肩の痛みは 昨日の筋肉痛か
それとも季節の知らせなのかは
僕にはわからなくて
こうも季節というものの境目は
めまぐるしく活動し
危いものだと感じさせるのかと
冷たい風が吹いて 
枯れ葉数えてしまって

急に秋風が吹いて
夜にはこうして冷え込んだ定型
一枚多く 着込んだ時
逆らえないって 最初に北風が吹いたのは
着こもう
心にも着こもう
けれど何を着せればいいのか
それが問題なんだ

急に秋風が吹いて
僕の心にまで沁み渡った その
その無機質な刃は
いつまでも冷たくて
そうしてぼくも内側から
冬へと走っていく

ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>