銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

拝啓 夏様

汗拭うと鈴虫がなく
まだ梅雨もさっていないのに
けれどそんな中汗もたれて
夏はどこさ ここはどこさ

ああ、タイムリミットに
足を揺する焦燥
ああ、もう夏はひと月
盛夏は幻に消えるの?
夏日真夏日今年は暑いって
凝縮されるなら緩く長く
ぼくはそっちを選ぶんですが
今から交渉は無理でしょうか

 | HOME |  »

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>