銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

かけがえないこと。  

かけがえなく、おもったものを
ふと小川になげすてて
ちゃぽんと、
そしてせいじゃくが
空からふわり

くももそらもうみも
もしかしたらそれら自体が
人間を含んだ
すべての生命を
愛しんでいるのかもしれないね
さわやかな五月の風なんかで
気を向けさせて

かけがえなく、おもったものを
ふと小川になげすてれば
それはまた新たな道への
いりぐちになった。

▲Page top