銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

知りたい、ということ

ぼくは
ぼくはぼくを良く知らない
それは素敵さ
素敵なこと

きみはどうおもう
ぼくはきみの全てなんて知らないけれど
きみの言葉にときどきキュッと
うれしくなってしまうのさ
いきててよかったとおもうのさ

ぼくは
ぼくはぼくを良く知らないから
良く知りたいと思った時には
少し知るようにしよう

(ふと、こころのなかを探るとき)

けれど全てを知ってしまったらもう
つまらないからまだ


未来はだいじに
 きれいなはこのなか

 | HOME |  »

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
春待ち…(じつは夏待ち)
はやくきてほしいけれどはやくくるな


リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ rank

[現在地点]
小説・文学
778位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

39位
Access Ranking>>

■ 冬旅2018

■ 年賀状

■ 宙の名前