FC2ブログ

カボチャの様にくりぬいた、ストレートなトリート、今夜はハロウィン♪

トリック・オア・トリート!
今日はハロウィン、これからが本番さ
そこらじゅう靄がたちこめていた
もってこいじゃないか!

トリック・オア・トリート!
トリックもOK 君らならきっと
たのしませてくれるんだろう?
部屋のジャック・オ・ランタン
100円だっていいじゃないか
活かした顔してる、いたずらしてくれ!

トリック・オア・トリート!
夜はこれからさ、遊びもこれからだんだん深まる
背いっぱい楽しむのが礼儀ってもんサ!
そうだろ、オ・ランタン ランラン


さあ、立ち込めた霧を潜って
月明りを頼りに夜道を歩けば
あの小高い丘が見える
いったいいつからあったと思う?
いったいそこではなにがある、なにがいる?

みんなで叫ぼうじゃないか

「とりっく、おあ、とり--------と!」



ランキング参加中

↑詩が響いたときはぽちっと!お願いします!

RANKING

[現在地点]
小説・文学
1109位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

78位
Access Ranking>>

スマートウォッチ

自己紹介

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
キンキンに冷えたビールとコップをもって縁側に行く。二本下駄をはいてすわる。夜風に風鈴がやさしく鳴る。プシュッとくとくとく手酌で注ぐ。豚蚊取りの鼻先で煙がくゆる。ゆっくりのどで感触を味わいながら飲む。作務衣が緩やかな涼風にはたはたと揺れる。遠くの花火の音が鳴る。あっちかな…見上げた先は白鳥のくちばし。笑われたようで笑みを返し小さく「かんぱい」という。

妄想大爆発!
2019.6.5