ファンタスマゴリア章

ファンタスマゴリア
迷い込みたい夜
アルタイルの酒場で語る声は
きっと僕を永遠に逃さない
そして流星は星として大地に刺さり
虹は虹として個体の現実的幻想

そこにいれたらな
ファンタジーというわけでもなく
生々しい現実もあるような ファンタスマゴリア

冬が近づくと、つい
没頭してしまうんだ 秋だからかな冬だからかな
夜にひとり覗く空のように
知らない世界はどこにでもある




ブログ村

ブロとも申請フォーム

ぼくについて

詩がぼくの道標

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

軌跡

最初から最後まで。詩の一覧。

月別アーカイブ

訪問者の数

みなさんいつもありがとう!
2017/7 re

フリーエリア

rank

[現在地点]
小説・文学
690位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

31位
Access Ranking>>