2016.08.29 流星
1.りゅうせい期
 りゅうせいき、その言葉を聞いたのは深夜のラジオだった。
どんな人にも人生の間に一度はりゅうせいきが訪れるのだという。
そしてそのりゅうせいきの訪れたのちにもう一人の自分があらわれるらしい。

 朝起きても不思議と”りゅうせいき”という言葉は僕の頭に残っていた。
なにげなくスマートフォンで検索してみるが出てこない。多分何かもう少し言葉のどこかを聞き間違えていたのだろう。特に真理に尾を引かれることなく身支度をし会社へと向かった。

2.コソアドオルと月
 通勤電車に揺られながら鈴木は片手でスマホをいじっている。今朝も起きてすぐアパートから飛び出したものだから半端に眠く、崩れそうなのを好奇心で防ごうとしている。今夜はスーパームーンらしい。昔からスーパームーンとされる事象はあったのに、キャッチーな名前を付けられた途端この人気。月は喜んでいるのか悲しんでいるのかそれとも何とも思っていないのか…わからないけれど。

 さりとて鈴木も全く興味がないわけではない。興味がないわけではないが大衆の興味の的とはまた別なところに興味がある。鈴木は昨年のスーパームーンに不思議なものを見た。大きな猫が月のてっぺんに登っていたのだ。慌てて弟が見ていた望遠鏡を横取りする。猫はにやりとわらった。猫は鈴木を見ていた。

3.コソアドオルと人間
 コソアドオルは早く地球に還りたいと思っていた。コソアドオルは遠い未来から月に落ちてしまった未来人だった。未来から来て1000年がたっていた。もう時系列なんてよくわからない。そしてもともと15歳の少年だったコソアドオルはなぜか猫になってしまっている。おいおい月にはウサギが居るんじゃなかったのかいなんて冗談は999年前に飽きてしまっていた。

4.りゅうせい期博士
 りゅうせい期博士はいつも星空を眺めていた。ぼーっと、じーっと。周りの人たちはりゅうせい期博士の事をホシツカレといった。博士はホシに憑かれてしまったんだって。もう人間の言葉なんてわすれてしまったんだろうって。そんなりゅうせい期博士は一年に一度だけ誰にともなく声を発する。「やっぱり猫だ」
その日は決まってスーパームーンだという。

5.再びスーパームーン
 この小さな星に今たった二人。固唾を飲むようにじっと月を見上げている人がいる。りゅうせい期博士と鈴木だ。あの猫にあえるかな?そう思っている。ネコもネコであの人間はぼくをまたみつけてくれるかな?と思っている。そして実はとてもとても長い物語にもりゅうせい期が訪れようとしている。

6.コソアドオル
 コソアドオルは二つの望遠鏡にめがけて大きく手を振る。りゅうせい期博士と鈴木の心臓ははれつしそうなほどドクン!となる。

 「やっぱりいた!」
 
 そのねこはぼろぼろと涙を流していた。

7.流星期
 そしていま奇跡は膨張に膨張しクライマックスを迎えようとしている。巨大な流れ星が月に近づこうとしていた。博士や鈴木以外の人々は悲鳴を上げ四方八方へとにげる。2人だけは2つめの固唾をのみこみじっと月を見つめている。

8.おわり
 衝突しようとする瞬間人々は堅く目を瞑る。それぞれの神に祈りを捧げ、それぞれの真実の愛をあらわにする。光はいつの間にか小さくなり始めている。ひとびとはそっと目を開ける。

 その空には2人の人影と一匹の猫影があり、月明りに照らされ地表に大きな影を作った。

9.おわりのはじまり
 「僕はコソアドオル。遠い未来から来て、1000年月に居続けている。そして本当は人間なんだ」
鈴木と博士はなぜか不思議とその矛盾した話を受け入れ、うんうんとうなずいていた。
 「ありがとう、じゃあね」
 コソアドオルは涙でびちゃびちゃになりながら流星を呼び戻し飛び乗る。
 そして遠い遠い未来へと還っていく。


 
夏だと見越して神輿を担ぎ
昼だというのにスイカバー
スイカバーは案の定
灼熱の太陽にとかされて
何処が入り口か分からない

とりあえずノック。コンコンコン、「こんにちは」

「盛夏ではすね、ここまでくると」
出てきた店長スイカバージョンジャックオランタン
(どこかでみたな、みたみたい)
けれど熱さに朦朧と
とうのむかしに脳みそ停止
ここぞとばかりに高級カクテル
つぎからつぎへと出そうとするが
ぼくらとりあえずサイダー水

「サイダー水ふたつ」「さいですか」
犀の店員「ハイお待ち!」
サイダー瓶を突き出した

とりあえず乾杯、ビー玉落ぽたん
飲み口吸い付き胃まで放流 ホールインワン


「ああおいしかった」ごちそうさん。
「サイですか」と店員ぶっきらぼう。
「次はなににいたしやしょうか?」商売根性丸出しで

「それにしても今日は暑ね」
サイですか
「クーラーも少し強められますか?」
サイですか 課金500円
「おしぼりは?」
1000円です
「つまみはどう?」
はい、きゅうりの漬物、たくあん、煮物、大根おろしの納豆和え
「肉はないの?」
やサイしかないのごめんなサイ


やれやれとぼくら立ち上がり
千円ぽっと投げ出して
スイカバーを後に次探す
けれどもすぐに熱射の連射
にげろにげろと店から店へ
いつの間にかに担いだ神輿もどこへやら
スイカバーも溶けきって
泣く泣く店主のオランタン よくみりゃスイカもアイスのようで
出てきた素顔は透明人間、種もなし
恐怖にひやりとしたところで「涼み料金」すかさず商売
走って逃げて72Km たどり着いたはココナッツ塔
ココナツ大使が出てきていった

「ようこそここへ、ここは常夏、ここ夏島よ。わくわくどきどきパラダイス。一泊10万素泊まりOK」

スイカバーではずれを引いて
それからぼくらの夏旅は
とことんつかずに常夏島で
とうとうまくを閉じるのでした。

2013.06.08 OKU‐E
消えそうで消えない月を観ていると
いつのまにか膨張して風に乗って飛んでいく
その催眠術に罹ったままぼくは自然と
スキップが大きくなって笑って夜の街へ

オクヘオクヘ,サアオクヘ,ヨナカノオクヘ,ダレモシラナイ

月と話せるようになった僕は<月語>
やあようやく青くなったねと語りかける
けれど月は途方にくれてるなに思ってる
けれども僕は止まらない笑って宇宙へ駆けだすのさ

オクヘオクヘ,サアオクヘ,ヨナカノオクヘ,ダレモシラナイ

冥王星を通り越し宇宙の鍵を片手に開ける
開いた世界は言語では言い表せないアタデュール<宇宙語・改>
ぼくは歌が歌いたくなって脳のままの歌をうたった
それでもすこし、僕は生きる事って素晴らしいなを持続して
けれども僕は止まらない笑って無限へ駆けだすのさ

オクヘオクヘ,サアオクヘ,ヨナカノオクヘ,ダレモシラナイ
オクヘオクヘ,サアオクヘ,ヨナカノオクヘ,ダレモシラナイ,ウチュウノソト,

ボクノユメ




青猫島コスモス紀―アタゴオル絵本

新品価格
¥1,470から
(2013/6/8 17:15時点)



僕がまだぎんまると遊んでいた頃
攻めてきたタクに酔いしれて反旗し
そして時代さえ変わった黄金期
蕗の葉陰で雨宿りしては次の作戦を練った

フキアはいつも微笑んでいる
なにもしないでじっと土山のてっぺんから
下を見下ろしている 不敵な笑みだ
僕とぎんまるがすきをついてフイ銀灯をとり返す

くそうと言いながら白旗あげた元隊長グルト
約束だとフイ銀灯を吹き始めた
まってましたと僕、ぎんまる、フキア
やっぱお前じゃなくちゃだめだよ
フキアが優しくグルトにいう
聴いてない振りのグルトはそれでも
心地よさそうに雨粒の太鼓の元
蕗の葉下で演奏を始めた

フキア争奪戦記
だれがしっていたかな
そんな意味深にぼくらが
転がしたフルーツの
転がるが転がるフルーツが丘
そこに住んでいたから
きままなきれいに
気付いたようなもんだ
たのしいことをしよう
たのしいこととはなにかって
考え出したらいつになったって
きりないよ

そんなこころ
ころころいつも
そんな頃