2017.08.22 終わらない夏
今日は久しぶりに夏が夏を引き戻し
盆過ぎとはいえ蝉は盛んで気温は30℃を超し
僕はというとシャツの襟を引っ張って喉に垂れる汗を拭いている
そんで詩を書いているわけさ ing

そらはまあ、青い
入道雲はずいぶん昔に遠くへ旅立ってしまったようだけれど
香りが…まだ夏を示している午後
蝉はず分鳴いている アブラゼミ・ミンミン
しかし時々通る雲の作る暗がりが
静かな、午後

車の音…そういつも僕の季節には車の音が付随してる
近くにあるからな、ぼくがもし夏の俳句を描くなら季語は全て車の音でいい
それくらい(暗喩)

また汗をぬぐう
ここは2階でクーラーもない 熱気は溜まるばかり
大歓迎だ
映画でも見よう、とっておきに夏らしい映画を
手ぬぐい撮ってこなくちゃ
まきまき見よう
麦茶も
ぐびぐび飲もう


だってまだ
夏は終わってなかったんだからさ


2017.08.10 流れ星
空を感じて生きてく
季節に耳澄ませ、五感を研ぎ
めっきり形作る力なくした雲
まだ早すぎはしないか


風を感じて生きてく
匂いでわかる
温度でわかる
方向でわかる
その方向を向いたとき
ぼくは季節の何かを悟っている
(その何かいまは声に出せそうにない)

僕を感じて生きてく
そのまま、あるがままこそが一番で
一番難しい
今ならできそうだし、それこそが生きるに最適と
思っているのに

それでも感じて、生きてく

すべてを感じて風を浴びて空を見上げて
握りこぶし

ゆるめてもう一度開いてもう閉じないで
流れ星
ぼくらすこしずつだけど
つよくなってるからだいじょうぶさ
そういいきかせていきてくことに
うしろめたさかんじちゃいけないよ

ぼくらすこじずつだけど
きたなくなってるけどだいじょうぶさ
だいじょうぶさ

だってつらいことがあってそれをむりやりのりこえた
それのけっかのよごれがあとにひけないはいとくかんなら

おとなっていうもじはただおおきく
あのそらみあげてはやく
なりたいとおもったいまがもうここで
ぼくら ぼくらぼくら

2017.06.27
ぼくは少し高みにいて
夏の緑みわたしている
透明な窓にかこまれながら
少しひといきついてる

ため息は夏に紛れ
何でもなかったように明日を見つめる
風はせかいをいっかいまわって
ぼくにプレゼントした

夏が来るぞ
2017.06.20 いつだって
言葉は言った先に灰になるから
なにいってもいいのは主観だということ
どんな気持ちをそれに
乗せなくても感じてしまう人もいる
それは六月の雨の様だね
夏待ち雨か、憂鬱雨か

かえられるさ、かえることができる
その跡の態度だけで(残る)
素敵な事が起きたのさ何かが蘇る
匂いがたち 記憶とは素敵だから

心はいつまでも一番を残して
井戸の底に詰める
いやなこととたのしかったことの
選択は僕たちにはできない

でもぼくたちはみらいをあやつる
さいみんじゅつでもいいよくするなら
ぼくのきもち
ひとのきもち

たのしいことだけでは
たのしいがうすれても
たのしいことだけは
それだけはゆずれない

どんなことばだって 自分は選べる
ついついのことばエゴがのっかっても

かえられる
いつだって
いつだって