銀河と四季の道標

綴りたいことは日々あふれるからその溜め処。

足跡辿って

今日くれ明日待ち僕の暮れ
人と人の間かいくぐれど
クタクタに濁った疲れか汚れが
思いのほか重みを持ってつぶれて行くよ
そんな人々の中で足をそろえて
明日明日だよ
今日の延長上
明日からの話しを
でも今日くれ明日待ち僕の暮れ
夢でも見たかなの足
あしあとたどって
あしあとたどって

代弁

こちらに本音はおよせください
指先ほどの宇宙に
この世界はもしかしたら
偉大な何かのただの仮想現実、かもしれない

五感という偉大なものの
おかげで感傷をしり
果てには懐古という道を辿り
今います

ゆっくりでいいからそういうたび
時とはあまのじゃくか
知性などないのか

またが来て
またが来てすこしずつ素直に
喜べない子の気持ち神様
うまくつくった
うまくつくったね

 | HOME | 

■ CM

■ ブログ村

■ ブロとも申請フォーム

■ ぼくについて

鹿田草太

Author:鹿田草太
夏だー!
と、もう勇み足であちこち夏連想に手をつけて仕方なくなってきている。
鹿田だけにね。

ほら、ほらもう~。

そしてツイッターも再開しましたとさ。

リンクフリーです。

→メールはこちらから←

■ ネットショップ

■ 軌跡

■ 月別アーカイブ

■ カテゴリ

■ リンク

■ 訪問者の数

■ フリーエリア

■ rank

[現在地点]
小説・文学
656位
Access ranking>>

[Sub Genre Ranking]

33位
Access Ranking>>